流浪の猫

作詞:石川杏 作曲 : 荒井亮介

 

鴉が喚く 水浅葱の空

夜更けの繁華街

濁る溜息 朝を汚す

はだけたキャミソール

未だ直さないで

 

安値でも良い

浅はかでも良い

空いてる穴を塞いで

あの男を思い出したくない

今日も明日も手の鳴る方へ

 

流浪のやさぐれ捨て猫

流浪のやさぐれ捨て猫

外せない首輪はもう見えないのに

何処へも行けないの

 

冷たい声が私を蔑んで

温かい手が頬を叩いて撫でる教育

優しい眼で見ないで

あの男と同じコロンをつけないで

 

流浪のやさぐれ捨て猫

流浪のやさぐれ捨て猫

置いていかないで

あの背中のように空は遠く、

 

だから接吻をして早く