水の流れと身の行方

作詞・作曲:小森谷 南, 石川 杏

 

恨んだ昨日に火をくべて 灰を降らすの

打ち明けられない理由を抱いて

夕暮れの海 哀しい唄を歌う

 

迷った手は 水面を揺らし

溺れる太陽を背に記憶を辿れば

貴方が追いかけてくるような気がした

 

足の踏み場が無いのなら

上手に歩ける筈も無いなら

足のつかない場所へ 行きましょう

掴みたいものに 届かないなら

見えない所まで 沈みましょう

 

閉ざした瞳は 貴方を映すけど

引き止めるものはもう何もないわ

さようなら、愛情に

飲まれてしまわないように

 

貴方の声を聴きたくないから

切り離す術を知らないから

深く深くへと沈みましょう

貴方の想いが見えないように

深く深くへ…

 

広がる意識に息を休めて  遠いあの日に縋る面影

 

足の踏み場が無いのなら

上手に歩ける筈も無いなら

足のつかない場所へ 行きましょう

掴みたいものに 届かないなら

見えない所まで 沈みましょう